「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

moriwakishouten

地域のお店紹介

森脇商店

タイトル
名張市中町にある“伊賀牛老舗 森脇商店”は、名張市赤目町にある“炭火焼 三太夫”と“洋食モリワキ”、“たんと 肉三昧”を展開しています。
森脇商店の始まりは昭和二年。精肉店として創業しました。
当時、希少価値の高かった伊賀牛を専門に扱い、人気を博しました。
「今でこそ松阪牛の名が大きくなりましたが、三重県地域には、もともとは伊賀牛と伊勢牛しかいなかったんですよ。とくに伊賀牛は頭数が少なく、なかなか世に出ない牛として有名でした」と森脇秀典さん。

森脇秀典さん

「伊賀牛の特長は、ほどよく甘みのある脂肪です」
胸焼けがしないので、年配の方でも安心して食べることができるのだそう。
伊賀と名張、昔からつきあいのある肥育家から、目利きの技で、血統の良いものを仕入れてきます。

←かつての初瀬街道であった店舗前には、「名張古町を考える会」による、お店の移り変わりをアルバムにしたものが掲示されている。森脇秀典さんは、協同組合 三重県物産振興会の理事も務める

精肉店は、やがて地域の人の食卓を支える惣菜も販売するようになりました。
「お肉屋さんは、割合とその変遷を辿ることが多いですね。お客さんのニーズに合わせて変化してきたわけです」
惣菜を扱うようになったら、次はもっと本格的な料理も食べてもらいたいと、森脇食堂へ繋がっていきました。
とくに秀典さんの曽祖父が、エネルギッシュで、当時で言うところの“ハイカラ”な人物だったのだとか。彼はいち早く西洋風料理をメニューにとりいれました。

昭和26年当時 もりわき食堂のメニュー

「とくに戦後、洋風のものに憧れが強まる中で、洋食のニーズが高まってきました。ひいおじいちゃんは、ハンチング帽子にステッキといういでたちで、世界中も旅してまわる、非常に個性的な人だったようです。曽祖父がもたらした影響は大きいですね」

             昭和26年当時のもりわき食堂のメニュー→
      “ワシントン風カツレツ”など、ユニークなメニューも

「当時は森脇食堂という名称でした。そして、配達も行うようになり、すき焼きやしゃぶしゃぶといった、少し高めの料理を提供するようになっていきます。また、ガス機器の発達とともに、鉄板でステーキを焼いてみようという風潮がおこってきます」
そして現在の“洋食もりわき”の前身である、“ステーキ森脇”が誕生しました。
つねに、森脇商店は、時代の変化に柔軟に対応してきたことが分かります。
「また、現在の“洋食モリワキ”へのリニューアルには、和の昔っぽさを残すことに注力しました」
和食の店と思って、入ってくるお客様もいるほどだそうです。

洋食モリワキ たんと 概観
「老舗としてやっていくのに、洋食でありながらも、和を表にだしました。のれんはすべて、一澤帆布に依頼したオリジナル製です。店舗にも随所にこだわりがあるんですよ。精肉店にも、あちこちおもしろい工夫をしています」
例えば、一般的な「牛」ではなく「丑」の文字を使用。
ほか、ロゴも文字ではなく、牛の角を模したマークを起用しています。

森脇商店
「お客さんも視覚で楽しめるでしょう。儲け主義より、楽しい方がいいなと思っています」
森脇商店に設けられたコーナーには、牛の置物がぎっしり。その名も“ギュウギュウ詰め!”。
遊び心がいっぱいの森脇さんに、これからの展望をお聞きしました。

伊賀牛認定

「森脇商店は、あと15年で百周年を迎えます。なぜ長年に渡り、森脇商店がやってこれたかというと、お客様が支えてくださったからです。時代の流れの中で、都度、新しく変わりながらも、本質的には変わっていません」
お客様にこれを食べてほしい、というものを提供してきたのだそうです。
「きちんとお客様の話を聞いて、本当に必要なものをご提供できるようにと考えています」
“今夜のおかずは何にするの?”“贈り先の家族構成は?”といった質問を投げかけ、一緒に考えてくれます。
「伊賀牛のコンシェルジュですね。スタッフもマニュアルのない中で、自分で考えながら接客に努めてくれています。スタッフから教えてもらうことも多いですよ」

「目標は、さらに昔風に、さらに和風に、お客さんに、遊んでもらえるようにおもしろく、と考えています。そして、これまで通り、お客様との交流につとめて、関係性を大切にしていきたいです」

各店舗概要



炭火焼食事処 三太夫

  • 所在地 :三重県名張市安部田字阿清水520番地
  • TEL :0595-64-0055
  • 定休日 :水曜日

洋食モリワキ たんと~肉三昧~

  • 所在地 :三重県名張市中町鳥居前
  • TEL :0595-63-0071 
  • 定休日 :月曜日

伊賀牛老舗 森脇商店

  • 所在地 :三重県名張市元町376-4
  • TEL :0595-63-0046
  • 定休日 :月曜日

詳細は「森脇商店ホームページ」をご覧ください。

また、名張近鉄ガス&森脇商店コラボ企画として「12/21 伊賀肉を使ったクリスマスにあう料理教室」を開催します!
お楽しみに!













powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional