「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

FMなばり田口知恵子さん

FMなばり 田口知恵子さん  ~この顔この人

田口知恵子さん

今回の地域の人物紹介コーナーでは、地域のコミュニティラジオFMなばり ナビゲーター、田口知恵子さんをご紹介します。
現在、田口さんは、火曜日15時~16時「ちえこのビッグショー」と、金曜日朝7時~10時の生放送「Morning Radio 83.5」を担当しています。
Morning Radio 83.5では、曲を交えながら天気や交通、地域ニュースなどの情報を放送しているとのこと。
「火曜のちえこのビッグショーは、毎回テーマを決め、テーマに沿った選曲とトークをお届けしています」
ちなみに1月第2週の番組テーマは、成人式にちなみ「成長」がテーマだったとのこと。
「面白くて懐かしい、一緒に歌える懐メロが好きです」
なつメロを中心とする選曲で、田口さんなりの視点で切り取るトークが好評を博しているそうですよ。
ファン層は幅広く、小学生の女の子が「田口さんが一番好き!」と声をかけてきてくれるのだとか。
市内の学校を取材する番組「ばりっ子放送局」も人気。
幼稚園や小中学校、高校を訪れ、学校生活や部活動についてなど子供たちにマイクを向けてインタビューしています。

田口知恵子さん

田口さんは、市内の結婚式場で司会を務める他、地域誌でのライター、エッセイスト、人権学習の講師を務めるなど、幅広く活動しています。
また、芝居の公演にも力を入れ始めたとのこと。
「もともと女優志願だったんです。高校を卒業して東京に出て、お芝居をしていました」
高校卒業後、名張から上京した田口さんは、日本大学芸術学部の映画学科へ入学。
夢をかなえるために、女優の木野花さんが指導する養成所に入り、卒業後は養成所のメンバーらで構成される劇団に所属し、芝居が中心の生活をおくっていました。
その後、36歳の時に名張へと戻ってきたそうです。
「何かお仕事を始めたいと考えていた時に、FMなばりの仕事に出会いました」
この仕事に出会って道が開けたように感じたそうです。
「名張にあるひやわいといった旧町の町並みや伝統行事など、子どもの時は気づくことができなかった良さに、今は魅力を感じています。東京では好きな芝居をするためにアルバイトをするという生活でしたが、ラジオではトークが仕事になる。楽しいです」

田口知恵子さん

現在、小学1年生のお子さんの子育て中でもあります。
ラジオパーソナリティに、執筆に、芝居に、子育てにと奔走しています。
今後の夢は、なんとNHKの朝の連ドラに出演すること!だそう。
「ラジオは天職だと感じましたが、9年やって自分を見つめることが多くなって、本当にやりたいことは芝居だなと改めて感じたんです。昨年仲間と演じた二人芝居では、3本のオムニバス喜劇を上演し、大好評を博しました。大爆笑だったんですよ。NHKドラマはヒロインとは言いませんけど(笑) 何らかの役に出演してみたいです」
今年9月23日・24日には、伊賀市の崇広堂でお芝居を上演予定。
脚本から演出、出演まですべてを務めます。
「東京時代に一緒にお芝居をしていた発電ジョカの二人を伊賀に招いて三人芝居の喜劇をやります」

対面して話していると、全体に明るい雰囲気とエネルギーが漲っている田口さん。
夢がかなって、テレビ画面でもその魅力が発揮される日が来ることを応援しましょう。

FMなばりリクエスト先
Mail:nabari@fm835.jp
FAX : 0595-62-0835
※おかけ間違いのないようご注意ください
ハガキ: 〒518-0444 三重県名張市箕曲中村18-2 コミュニティFM『FMなばり』まで










この顔この人 目次


powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional