「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

菅井久志さん

この顔この人

菅井久志さん

今回の人物紹介コーナーは、この5月より新たにできたギター教室「ゆるクラギター教室」を開催する菅井久志さんをご紹介します。
3年前、2014年に名張市つつじが丘に移住してきたという菅井さん。
東京都世田谷区で、バルバルという飲食店を経営していました。
「スペインやブラジルのラテン音楽ライブが楽しめるお店でした。ライブを見ながら食事していただくことができたんですよ」

菅井久志さん

中学の頃、ギターを始めたという菅井さん。
クラシックギター、フラメンコギターやジャズギターなど、講師に師事して学んできました。
明治大学卒業後、サラリーマン時代を十数年経て、バルバルを開店しました。
「会社員時代に同僚だった妻と知り合って結婚、それが38歳の時ですね。90年代後半に二人でスペインを一ヶ月かけて旅行し、お店を開店することになりました」

菅井久志さん

きっかけは8年前の51歳の時、子どもができたことでした。
「飲食店ということもあり、夜がメインの営業時間ですので、子どもをベビーシッターに預けていたんですね。ベビーシッター料金というのはコスト高で、経済的にも難しかったんですけど、こういう生活を3年くらい続けました」
そんな中、東日本大震災が起こりました。
「大震災の影響は大きかったですね。経済的にも東京で生活を続けていくのは厳しいなと感じていましたし、幼児を育てていく上で放射能の影響を心配しました。妻が体調を崩していたので、自然の中で生きてみたいなという気持ちになりました」
菅井さんは、放射能からの保養受け入れを行っていたボランティア「やまとのだいち(奈良県)」に移住相談を頼みました。
「里山の自然の中、水も綺麗だし、ビル郡の中での生活から、こういう大自然の中での生活に変えてみたいと決意しました。また、農業をやってみたいという気持ちもあったんですね。どこも担い手不足で、若手として入れるかなという希望もあって」
美杉町で行われていた村上真平さんの自然農に感銘を受け、研修を受けさせてもらうことになりました。

菅井久志さん

奈良や美杉に好アクセスということもあって名張へと移住してきた菅井さん。
現在は、名張市滝の原で一反の土地を借りて、パクチー・ミニトマト・インゲンなどを栽培しています。
「妻が料理のイベント出店を行っているので、そこで利用しています。自然農はこだわりの農法ですので、出荷して収益を上げるには時間がかかりそうです」
妻の美幸さんはアボカドカフェ「バルバル」という名前で、やなせ宿等でも活躍しています。
そして菅井さんは、これまでの経験を活かし、ギター教室を開くことにしました。
「まったくの初心者でも、若い頃に少し弾いてみたことがあるという方でも、気軽に参加していただけるようなギター教室を開きたいなと考えました」
すでに7人の生徒さんが学び始めているそうです。
「現在は60代の男性が多いですけど、9歳以上から大人までが対象です」
ライブ活動も活発に行っており、地域や役場などのイベントに出演しています。
「教室の皆さんで、ギターの合奏ができたらいいなとも考えています。そして将来は、小中学校にもギター部を作りたいなという夢があります」

率直な物言いから、人の良さがにじみ出ている菅井さん。
ギター教室では、無料体験も実施中です。
今まで独学でギターを弾いてきたがもっとうまくなりたい、定年退職で時間があり趣味や仲間が欲しい、子どもに音楽教育を与えたいという方、お気軽に連絡を入れてみてください。
また、社会人で忙しく時間が無いという方に嬉しい19時からのレッスンも開催されているのだとか。お友達とのギターアンサンブルも楽しそうですね。

ゆるクラギター教室
所在地:名張市つつじが丘
TEL:080-2747-5271
URL:https://yurukuraguitar.jimdo.com






この顔この人 目次


powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional