「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

祝ウィズガスクッキング10周年

祝 ウィズガスクッキング10周年

祝 ウィズガスクッキング10周年

わがまち生活情報館では、ケーブルテレビ局アドバンスコープで放映中の「ウィズガスクッキング」のレシピを、月2回ご紹介しています。
なんとこの番組、この2017年12月より10年目に突入。
10周年記念として、2018年新春よりダイジェストやリクエストによる記念コーナー等が企画されているそうです。(写真は新年に紹介するレシピ 犬のちぎりパン)

祝 ウィズガスクッキング10周年

当初から料理研究家として出演中の秦佐知子講師にお話をお聞きしました。

Q:10年を迎えられて率直な感想をお聞かせください
A:本当にあっという間でした。
2,3,4年目くらいまでは、ああ何年目だなって感じていたのですが、途中から日常になって。
正直10周年と聞いて驚きました。

祝 ウィズガスクッキング10周年

Q:地域番組の中でも一番の長寿番組だそうですね。視聴者の方の反応はありますか?
A:主婦の方がよくご覧になっているようですよ。
でも、団塊の世代の男性から声をかけられることもあるんです。
FMなばりのリスナーさんより、「番組にも出演している秦先生の教室に行ってみたい」という声も聞かれるそうです。
「先生見てます」と声をかけてもらうこともあります。
「料理教室にいくほどでもないけど、じっくり見て、自分でも料理してみたい」と言ってもらうのが嬉しいですね。

祝 ウィズガスクッキング10周年

Q:メニューはどういう点を工夫しているのですか?
A:季節感は大事にしていますね。炎をうまく利用して、ガス器具の紹介も行ったり。
例えばバレンタインでも、和菓子を取り入れてみたりと工夫しています。
料理だけでなく、食器やお花やナフキンなどまで、コーディネートします。
良い飾りを見つけたら、1年後の分まで買っといたりしますよ。

祝 ウィズガスクッキング10周年

Q:簡単なのに美味しそうなメニューばかりですね。
A:自分がこういう仕事をしていなかったらと考えるんです。
何も料理が分からない初心者に戻ってみる。忙しい女性のために、裏技を使ってどう手抜きするか、どんどん簡単な方法をお伝えしていこうと思っています。
「私にもできた!」と喜んでほしいですね。
もちろん男性にも料理を楽しんでもらいたいですね。
若い男性スタッフに「どんなものを食べてるの?」と聞いてみたりするんです。
新しい発見があったりして、それをレシピにも取り入れています。

Q:今後の展望を教えてください。
A:文化や歴史を再確認できるようなメニューも考えてみたいですね。
また、若い夫婦が一緒に料理できるメニューや、中高年の男性から女性にプレゼントできるようなメニューなども考えてみたいです。

10年目を迎えて、これからまだまだ充実しそうなウィズガスクッキング
工夫を凝らしたレシピをお楽しみに!




近ガスつうしん 目次




powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional