「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

料理研究家 秦佐知子さん

この顔この人

料理研究家 秦佐知子さん
秦佐知子さんプロフィール:大阪生まれ。現在は桔梗が丘在住。写真は青山のアトリエ兼住居にての一コマ。
名張近鉄ガスにて開催される料理教室の講師として、アドバンスコープでの料理番組「ウィズガスクッキング」にて活躍。辻クッキング心斎橋校、元校長。名張高校やあけぼの高校にても特別講師として教鞭をとる。
農協が認定する三重県唯一の家の光認定講師でもある。

タイトル
 なごやかな雰囲気の中、料理の個人レッスンを行う秦さん。名張近鉄ガスのケーブルテレビ番組「ウィズガスクッキング」でもお馴染みです。
 この日は”ケーキづくりとカボチャが大好き!”という生徒さんと、パンプキンケーキづくりのレッスン。「ちょっと季節はずれだけど、生徒さんの希望だから。大人数でのレッスンと違って、自宅では、生徒さんにあった内容を4人までの少人数制でみっちりとお稽古しています」。
 レッスン後は作り立てケーキでお茶会。贅沢なひとときです。

ウエディングケーキ

 最近では、”ウェディングケーキを手作りしたい”という要望も多いのだとか。結婚式前日に、秦さんとともにケーキをつくるのだそうです。
 「一生に一度のことですから、できるだけ希望をかなえてあげたい。気になって式の当日に見に行くこともありますよ」。



ケーキ作りの写真

 ”列席者ひとりひとりに手渡すお菓子””手書きのメッセージカードを添える””ケーキづくりの様子を撮影した写真を、式の当日にお披露目する”にといった工夫など、秦さんの仕事はケーキだけにとどまりません。
 まるでウエディングプランナーと言えるほどの演出が凝らされています。
 「なかにはバスの運転手をしている新郎から、”バスの形をしたクッキーをつくりたい”といった希望もありました。なかなか好評でした」。


手作りクッキー

 「食は絶対のもの。一緒に楽しく料理をして、生徒さんの”こんな素敵な料理ができた!”という自信づくりのお手伝いができたらと思います」。
 生徒さんの目線で考えることを忘れない秦さん。料理の道に進むきっかけは、短大時代に教えてもらった調理の先生にあったそうです。「70歳手前でしたけど、サナエちゃんと呼ばれていて、とても楽しい雰囲気に惹かれましたね。あとは大学に落ちたことが、逆に大きなバネになりました」。




個人レッスン

 同級生の多くが四年生大学へと進学する中、”わたしも!”と奮起した秦さんは辻学園で厳しい授業をこなし、教師科の総代にまで選ばれます。
 「なかなか大変でしたけど、それで”辻学園”の教師という職を得ることができました」
 ”辻学園”は料理業界ではマスコミからもひっぱりだこの大きなブランド。秦さんも数々の大きな仕事を担当したそうです。
 「でも、とくに楽しかったのは、休職してのアメリカ留学ですね。アメリカに行ったばかりの駐在員の奥さまが、上司の奥さまを招いてパーティをしないといけない。でもどうしていいかわからない。そんなときによくお声がかかりました。まさにひっぱりだこでしたね」。
 
 ”辻クッキング”で校長まで勤め、20年近く勤務した後、二人のお子さんの子育てに力を入れようと三重県内の仕事へとシフトしていった秦さん。
 企業、高校、公民館など県内各地で講義をしています。
 
 夫の一朗さんは陶芸家という芸術家ご夫婦。
 「いずれは田舎の廃屋を改築して、陶芸・生演奏・そして料理と、アートを満喫できるスペースをつくってみたい」
 

料理研究家 秦佐知子さん
〒518-0227 三重県伊賀市青山羽根
TEL&FAX 0595-52-1614
ウィズガスクッキングのページはこちら





この顔この人 目次

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional