「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

奥村和子さん

この顔この人

奥村さん

今回の人物紹介コーナーでは、社会福祉法人名張市社会福祉協議会の新会長、奥村和子さんをご紹介いたします。

皆さん、社会福祉協議会についてご存知ですか?
社会福祉協議会は、住民参加・協力のもと、行政や福祉団体・事業所等の参画を得て、地域福祉・在宅福祉活動を推進する非営利の民間組織です。
全国、各都道府県で誕生し、各市町村で組織化されています。

ふれあい

名張では、総合福祉センターふれあいの2階に事務所があります。
補助金や受託金、一般市民からの善意の寄付などを元に、運営を行っています。

←ふれあい3階には、カラオケ大会などで利用できる座敷も

共同募金活動や地域福祉活動の推進、ボランティア活動を推進・サポートする福祉ボランティアセンター(イオン名張店3階)の運営、配食ボランティアなどの地域見守り事業をサポート。
さらに日常生活に不安のある方の自立支援事業や、各種介護支援サービスを行う「ふれあい」、昭和保育園の運営まで、幅広い支援活動を行っています。
「より市民の方に深いサービスを提供できるようにと、この6月13日に、地域福祉の窓口が一本化されたんですよ」と奥村さん。
名張市役所で42年勤め上げ定年を迎えた奥村さんは、これを機に会長へと就任されました。
社会福祉協議会は、これまで市役所で、障がい者福祉や教育委員会、女性政策などに携わり、地域部長として地域に深く関わってきた奥村さんの、経験と知恵がふんだんに活かせる場ですね。
名張市上本町出身、百合が丘在住の生粋のバリっ子。
6月2日に行われた就任式では、ユニークな挨拶も。
「職員の皆さんに、まず幸せですか?と尋ねてみました。就任式に参加した職員40名ほどの半分くらいが手をあげてくれたんです。じゃあ、次は全員が手を上げられるようにしましょうねと。自分自身が幸せじゃないと、誰かを幸せにしてあげられないでしょう」
ニコニコとした笑顔が、見ている人もつられて笑顔にするような奥村さんです。

ふれあい

市役所でのお勤め時のきっかけから、おきつも名張劇場に入団。
年に1回の公演に向け、稽古を行っています。
「11月に美旗市民センターで公演が行われます。おばあさんの役が必要な時は呼ばれるんですよ」
冗談めかして笑う奥村さんですが、幅広い女性役をこなせそうです。

               ふれあいにはお茶室もあります→

また、温泉ソムリエやみえ防災コーディネーター・防災士などの資格も取得されています。
「実は市役所勤務とともに介護生活を続けていたんですけど、開放された時に、ぽっかりと時間が空いて。そういう時に新しく何かを始めてみようと考えて、元々温泉好きだったので資格を取得しました」
”楽しく防災・減災、時々温泉”というフレーズが奥村さんのキャッチフレーズだそうですよ。
社会福祉協議会の会長として、新たな企画も立て始めているそうです。
「農家さんや家庭菜園であまった食材を登録していただいて、配食ボランティア活動などを行っているグループなどに、必要な時に届けていただけるようなサービスが始められないかなと考えています」

奥村さん

また、子ども支援とともに子育て中のお母さん支援、ボランティア活動を行う人たちへの支援なども力を入れていきたいと考えているのだとか。
収入が少なく必要な資金の融資を他から受けることが困難な方、仕事をしたいけど少し不安、人とコミュニケーションがうまくとれないといった方々に対する支援事業もあり、それぞれの人にあった支援プランを作成してくださるそうですよ。
「より地域の人の要望に沿った、支えあいの仕組みを作っていきたいと考えています」
なかなか相談しづらい不安を抱えていらっしゃる方も、社会福祉協議会で何か解決への糸口が見つかるかもしれませんね。
ぜひ一度相談に行ってみてください。
奥村さんをはじめとする、優しいスタッフの皆さんがお手伝いをしてくださいますよ。


社会福祉法人 名張市社会福祉協議会

  • 所在地:〒518-0718 三重県名張市丸之内79番地(名張市総合福祉センターふれあい2階)
  • TEL:0595-63-1111
  • FAX:0595-64-3349
  • URL:http://www.nabarishakyo.jp/






この顔この人 目次


powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional