「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

全国親子クッキングコンテスト2009

近ガスつうしん

タイトル
完成作品

 11月15日(日)、名張近鉄ガスで第3回全国親子クッキングコンテストの東海大会予選「名張大会」が今年も開催されました。
 テーマは昨年と同じく「我が家のばんごはん」。
 33組の応募の中から書類選考で選ばれた料理自慢の6組の親子が、料理の腕を競い合いました。

開会式
開会式












 イベント開催の目的は、親子に”健全な食生活の実現にむけ自らの食について考える習慣”を身につけていただき、料理をつくることの楽しさや喜びを知り、家族のコミュニケーションを図ることです。
 「思う存分この1時間を楽しんでください」とあいさつがあった後、さあ、いよいよスタート!

審査委員

 審査員は右から、アドバンスコープ「ウィズガスクッキング」でもお馴染み 秦佐知子さん、辻クッキング心斎橋校元校長 杉山文さん、名張近鉄ガス株式会社 取締役 奥西宏有さんの3名。お父さんは応援団です。

調理風景
調理風景












制限時間は1時間。 さあ、みなさん頑張ってください!

調理風景
調理風景
調理風景
調理風景





















 審査のポイントは、調理方法はもちろんのこと、親子のチームワーク、オリジナリティ、火の使い方なども重要なポイントです。

審査風景




 そして1時間後、調理は終了。
 審査員による試食にて審査が開始しました。




試食




 出場者のみなさんも、それぞれお互いの料理をいただいて、わきあいあいと楽しそう♪
 白熱したコンテストの後だから、きっとおなかはぺこぺこのはず。
 よりいっそうおいしいでしょうね。


取材

 ケーブルテレビ「アドバンスコープ」による取材も。
 出場者たちは工夫をこらしたポイントなどについてインタビューにこたえていました。



 そして厳選なる審査の結果、東海大会出場権を獲得したのは・・・・・




優勝!

 優勝をみごと手にしたのは、石野さん親子!
 審査員の秦先生によると「息ぴったり。おうちでも一緒に料理をされているんだろうなあと思わせるチームワークが決め手でした。あとはもう少し子どもらしいワンポイントがあれば、東海大会でも優勝を狙えるレベルです」とのこと。

 おめでとうございます! 
 東海大会も優勝を目指してがんばってください!

記念撮影

みなさんお疲れ様でした!




ウィズガスクッキング 目次



powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional