「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

全国親子クッキングコンテスト2008

近ガスつうしん

タイトル
完成作品

 今回は、第2回全国親子クッキングコンテストの東海大会予選「名張大会」の様子をたっぷりとお届けします!
 テーマは「我が家のばんごはん」。
 数々の応募の中から選ばれた6組の親子が、料理の腕を競い合いました。

開会
開会











 イベントは、「食育」の大切さ、また「親子のコミュニケーション」の大切さを体験してもらうことが目的でもあります。
 「”炎”を操る文化は人独特の文化。小学生という多感で重要な時期に、”炎”を使っての料理体験はとても良い経験です。また、外食が増える中で、もう一度親子の楽しい団欒のひとときであるばんごはんについて考えてほしい」と奥西さん。
 さあ、それでは市河さんの号令でコンテストスタートです♪

審査員

 制限時間は1時間。みんな頑張って!

調理風景
調理風景











 どの顔も真剣そのもの。お母さんとの絶妙なチームワークで調理をすすめます。

調理風景
調理風景
調理風景
調理風景





















 審査は、素材の活かし方、味付け、見た目はもちろんのこと、調理方法や親子のチームワークなども重要なポイントです。

 

審査

審査基準:
 ①おいしさ 食材の本来の味付けを活かしているか。
 ②オリジナリティ 食材の組み合わせや見た目の工夫。調理法法での工夫。地域性がでているか。
 ③調理方法 火力を活かして調理しているか。安全に配慮しており、制限時間を守っているか。
 ④親子のチームワーク 親が子の年齢に応じた役割を与え、チームワークよく、また手際よい手順で楽しく調理できているか。




完成

試食

 さすが数々の応募の中から選ばれた6組の料理です。
 飾りつけ、食材の彩りなど、アイデアがいっぱい。そして、肝心の味もまた、試食にて審査されます。
 どれもおいしそう~♪







完成

 そして、、、、、、、東海大会出場権を見事手にしたのは、「鎌井友美さん・彩名さん親子」!
 選ばれたポイントは「その豪華さと、子どもが苦手な食材をうまくつかっていたこと。また、二人で楽しく料理できていた」点が決め手でした。
 おめでとうございます! 東海大会もこの調子でがんばって♪

記念撮影

 みなさんお疲れ様でした!




ウィズガスクッキング 目次



powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional