「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

ローズガーデナー今中さん

この顔この人

今中さん

プロフィール:名張市の書店にてスタッフとして勤務していた時に、敷地のガーデニングを任されたことが、本格的に園芸に携わるようになったきっかけ。ローズガーデナー、グリーンアドバイザーとして、個人宅のガーデニングアドバイスなどを行っている。名張市百合ヶ丘出身、結婚を機に奈良県へ移転。

今中さん

「元々、さほど園芸が好きというわけでも無かったのですが、家を購入して庭ができたことでバラに興味がでてきたんです」と今中さん。
10年ほど前から、休日にガーデニングを楽しむようになったと言います。
「そんな時に、勤務先の殺風景だった花壇を華やかにしようと、私物のバラを植え始めたんです」
それが会社の経営者の目に留まりました。
「花壇を好きにしていいよ、全部バラでやってくださいって仰って」
今中さんは、必要経費を計算し、稟議書を書きました。
「すんなり通っちゃって、けっこうな金額がついたので、これは本腰入れてやらないといけないぞ、と実感が沸いてきました」
花壇は経営者を同じくする会社と、共同の敷地になっています。
今中さんは、その境界線の花壇から始めて、ガーデニングを任されました。
「その境界にあった花壇のバラが、次の春に綺麗に咲いたんです。それから、敷地内の花壇をバラでいっぱいにしていきました」
現在、100品種150本のバラが、敷地の花壇に植えられています。
本格的にガーデニングを手がけるようになり、バラについて知識を深めたいと考えた今中さん。
3年前に書店を辞め、バラの仕事のみをするようになりました。

今中さん

「バラに特化した土の配合や手入れの仕方など、先生について学び始めたんです」
その時の先生が、ローズソムリエの小山内健さん。

←小山内さんの著書
 数々のバラに関する本を出版している

バラのプロフェッショナルとして、ローズセミナーや講演会、テレビ出演、執筆など、 各方面で活躍しています。

今中さんは、年に2回、小山内さんのセミナーを、書店の駐車場を会場として開催しています。
「バラを愛でる会という名称で、春と秋に開催しています。講座は1日2回のセミナーが開催されるほか、苗の販売も行っていて、それには一日100人くらいの参加がありますよ」
バラだけでなく、バラに合う草花の販売も行っているそうです。
「この辺りで手に入れることができない品種も揃えています」
バラ好きの間で口コミが広がり、高評価を得ているそうです。

今中さん

今中さん自身は、“コロポックルのバラやさん”という屋号で、活動中です。
「背が小さく、木の下に潜り込んでいる妖精の名前です。バラの木に埋もれて作業している様子が、ぴったりですね」

今中さん

ローズガーデナーとして行うガーデニングアドバイスは、お客様によって様々。

←可愛らしい名刺のイラストは、かつての書店スタッフの仲間が描いてくれたもの

「ポイントを教えてという方もいれば、お庭を丸ごとお任せという方もいらっしゃいます。要望に合わせて、お庭に入る回数もまちまちです」と話す今中さん。
夢は、100品種以上のバラ庭園を併設した、園芸店を開くことだと言います。
「バラと言うと、育てにくい、難しい、というイメージが未だにありますが、皆が楽しめるものへと変化してきています。バラだけという楽しみ方も良いですが、野趣溢れるナチュラルな庭づくりも提唱していければと考えています」

今中さん

「バラを育ててみたいと思っている人は、とにかく好きなものから始めてみて下さい。育てやすいものから育てた方がいいなど、様々な説がありますが、私は見た目から入っても良いと思ってます。バラは手をかければ、必ずそれに答えてくれる花です。大事に育てたら、毎年花をつけてくれますよ」

この10月には、「バラを愛でる会」が開催され、小山内さんのセミナーも行われます。
バラやお庭造りのヒントがきっと満載ですよ。
ご興味がある方が、ご来場くださいね。
そして、バラや園芸のアドバイスが欲しいという方は、今中さんまでお問い合わせを。

コロポックルのバラやさん






この顔この人 目次


powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional