「わがまち生活情報館」は、名張近鉄ガス株式会社とバイオマストゥラブがおとどけする名張市と青山エリア(伊賀市)の地域情報の特集サイトです

グランディハーブ 北野康子さん

この顔この人

北野康子さん
profile:和歌山生まれ和歌山育ち。旧家にて昔ながらの主婦業のなかで、自然や植物に関する基礎的な知識を身につけた。1人でやってみたいと、離婚後、ハーブやアロマについて本格的に学び始める。ストレスを抱える友人の相談にのっていると効果が高かったことから、やがて教室を開講した。
4年前、娘さんの就職を機に奈良へ。昨年から名張市に移転し、この5月にすずらん台で「グランディハーブ」を開講。写真右が北野さん、生徒の佐藤さんとともに。

タイトル

 「西洋ではスペアミントが一般的ですが、日本人がミントというとペパーミントを思い浮かべます。日本人は成分にメントールが入っているものが好きですね」
 ハーブのレッスンでは、色や香りだけでなく、和名と洋名や、ハーブの育て方、その成分についても本格的に学んでいきます。北野さんが参考にしているという本をひらくと化学記号がずらり。
 「わたしは何かをやるときにはいつも頂上を目標にします。だからハーブや植物に関して徹底的に学びました」という北野さん。日本園芸協会認定のハーブ学習指導員、アロマプロフェッショナル、アロマコーディネーター、嵯峨御流教授など数々の資格を保有しています。
 「生徒さんには”本物”の情報をお教えします。薬も使い方によって毒になったりするでしょう。ハーブも同じ。妊娠中はだめ、てんかんをお持ちの方にはだめ、といった禁忌事項があるんです。アロマをやっている人にもハーブから学んでほしいと思います」

ハーブ

 あつかう商品も100%天然成分にこだわります。
 「例えばアロマで使用する精油は、厚生労働省指定機関によって検査・分析され、全商品に成分分析表が添付されています」
 その高い安心感と信頼で、和歌山で教室をひらいていた頃には、看護士さんや医療施設の職員さんが北野さんのもとに学びにきていたのだとか。
 「精神科のお医者さまもいらっしゃいましたよ。いつも患者さんの不安に直面しているから、ストレスが溜まるんでしょうね」


ハーブ

「眠れない人が睡眠薬を多用すると慣れてきて薬がどんどん強くなる。すると副作用がでる。その点、自然のものは慣れこそありますが、体に優しい。自然治癒力を高めるために生活の中にハーブを取り入れていただきたいです。ねぎ、みつば、しょうがなどもハーブなんです。”日本のハーブ”という講座もひらいてみたいですね」
 ハーブについてだけではなく、新しい自然に対する視点も学ぶことができそうです。「サロンとして地域に役立てばと思います」




★ハーブ&アロマ グランディハーブ★
所在地:〒518-0406 三重県名張市すずらん台西1-251
電話/FAX: 0595-68-5298





この顔この人 目次

powered by Quick Homepage Maker 4.77
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional